気になる部分から選ぶ

二重・目もと

目は、人の顔の印象を大きく左右する部分です。二重まぶたの手術や目頭・目尻の手術で目をはっきりさせれば、相手に与える印象も大きく変わってきますし、プライベートだけでなく仕事の上でも見えない部分で差がつくかもしれません。また、顔の老化による変化も、まず最初に目に現れます。まぶたのたるみや垂れ下がりを修正すれば、それだけで顔の印象が5〜10歳ほど若返ります。これらはすべて、日帰りでできる簡単な手術で実現可能です。

二重まぶたにしたい

二重埋没法二重切開法があります。埋没方法はいわゆるプチ整形と呼ばれるもので、切開をしないでに糸だけで二重まぶたにします。比較的年齢の若い方、初めてのまぶたの美容手術を受けられるという方におすすめです。切開法は、まぶたの上に切開をいれ、余分な脂肪などを取った上で二重まぶたをつくる施術法です。目の上の脂肪が厚い方や、くっきり二重にされたい方におすすめです。

目を大きくしたい

目が小さく見える原因は人それぞれ違っていますがので、カウンセリングで専門医にご相談いただき、ご希望や状態に応じて施術メニューを決めていただくことをおすすめいたします。施術は二重埋没法二重切開法目頭切開法目尻切開法脱脂眼瞼下垂修正術などを行います。

目もとのしわが気になる

目尻のしわの場合は、ボトックス注射コラーゲン注入を行います。
目の下のシワには注入療法でシワを目立たなくさせる方法、または下まぶたたるみ取り脱脂手術によってシワの原因となっているたるみや脂肪を除去する方法があります。注射や手術が怖いという方にはRF(高周波)の熱でコラーゲンの活性化を促し、しわをとるフェイシス(RF高周波治療)、や塗り薬(東大方式トレチノイン治療)もおすすめです。

はれぼったいまぶたが気になる

はれぼったいまぶたの原因は上まぶたの脂肪によるものです。上まぶたたるみ取りにより余分な脂肪、たるみも除去することによりスッキリとした目もとになります。また原因によっては、二重手術眼瞼下垂修正術などの手術が必要な場合もあります。

目の下のたるみが気になる

下まぶたのたるみは皮膚のたるみ、または脂肪のたるみでできます。たるんだ皮膚を切り取り、余分な脂肪を切除する下まぶたたるみ取りによって、ふけた印象ががらっと変わります。顔の皮膚にメスを入れることに抵抗のある方には、まぶたの裏側の結膜をわずかに切って脂肪を取り除く脱脂というやり方がおすすめです。手術が怖いという方には、RF(高周波)の熱でコラーゲンの活性化を促し、たるみをとるフェイシス(RF高周波治療)がおすすめです。

目の下のくまが気になる

目に下のくまは、目の下のくぼみや段差が原因の場合と、色素沈着が原因の場合とがあります。前者の場合は脱脂などの手術や段差部分へのヒアルロン酸注入などが有効です。後者の場合は東大方式トレチノイン治療ルビーレーザー治療が有効です。

まつ毛を長くしたい

まつ毛エクステンション(つけ放題)で手軽に長く理想的なまつ毛にすることができます。紀尾井町プラザクリニックでは経験豊富な技術者が施術を行います。

診療メニューを確認する

二重埋没法
 
皮膚をメスで切開、切除することなく、ナイロンの糸を上瞼に通して埋没させることにより、二重のラインを形成するプチ整形です。
詳細はこちら
二重切開法
 
二重のラインに沿って皮膚を切開し、たるんだ皮膚も一部切除します。厚くはれぼったい目の患者様、皮膚のたるみがある患者様、埋没法よりもくっきりした二重を希望される患者様に適しています。
詳細はこちら
目頭切開法
 
蒙古ヒダと呼ばれる目頭の張り出た皮膚を切開、形成してあげることにより、すっきりとした目にします。
詳細はこちら
目尻切開法
 
目が小さい。目尻からこめかみまでの間隔が長すぎると、顔が大きく見える印象をあたえてしまいます。そんなときに、目尻を数ミリ切開して切れ長で大きな目を作る施術法が目尻切開法です。
詳細はこちら
上まぶたたるみ取り
 
腫れぼったいまぶた、垂れ下がったまぶたをすっきりさせるのが上まぶたたるみ取りです。上まぶたのたるんで余った皮膚や、腫れぼったさの原因となっている脂肪を切除します。
詳細はこちら
下まぶたたるみ取り
 
下まぶたの余った皮膚や、たるんで前方に突出してきた脂肪を切除します。目の下のくまにも有効です。目の下のくまにも有効です。
詳細はこちら
脱脂
 
上まぶたや下まぶたの脂肪を一部切除することにより、はれぼったい感じやふくらみを改善させます。
詳細はこちら
眼瞼下垂修正術
 
上まぶたの二重の線を切開して、眼瞼挙筋の端の腱膜という部分を、上まぶたの縁の軟骨に糸で固定します。
詳細はこちら
フェイシス(RF高周波治療)
フェイシス(RF高周波治療)
高周波(RF)療法は、皮膚の内部に微量の高周波を流し、熱反応をおこすことにより、肌に張りを持たせて、目尻の小ジワ、フェイスラインを改善する治療法です。
詳細はこちら
ルビーレーザー
ルビーレーザー
メラニン色素に対する吸収率が高いレーザーを使用し、しみの色みのもととなっているメラニンを破壊します。
詳細はこちら
ヒアルロン酸注入
ヒアルロン酸注入
麻酔テープをした後、鼻全体のバランスを見ながら数箇所に少しずつ注入していきます。最後にラインを整えて終了です。個人差によって異なりますが持続期間は約半年から1年くらいです。
詳細はこちら
ボトックス注射
 
ボツリヌス菌により産生されるA型ボツリヌストキシンの製剤です。筋肉に注射することにより筋肉を萎縮させ、その動きを弱める効果があります。
詳細はこちら
東大方式トレチノイン治療
 
ビタミンAの誘導体であるトレチノインは、表皮・角質のターンオーバーを促し、表皮内に存在するしみのもととなっているメラニン色素を排出させます。
詳細はこちら