気になる部分から選ぶ・タトゥー除去

タトゥー除去

アートメイクやタトゥーは、主に緑色の色素が皮膚内に埋め込まれています。この色素は、ルビーレーザー治療によって効果的に破壊されますので、これらをタトゥー色素を除去するためには、基本的にはルビーレーザー治療を照射します。ただし、完全にタトゥーの色を除去するためには、通常は2カ月おきに数回の治療が必要となります。治療のスピードを上げ、期間を短縮するために、炭酸ガスレーザー治療を併用することもできます。アートメークやタトゥーの色、大きさ、形によって施術方法が異なってきますので、まず部分的にテスト治療を受けられることをお勧めします。

タトゥー除去の診療メニューを確認する

ルビーレーザー・タトゥー除去・
ルビーレーザー
アートメイクやタトゥーの部分に照射し、色素を破壊してごく小さな粒子に分解します。これらの小粒子は、患者様の体の中を循環している白血球に貪食され、最終的には吸収されてしまいます。これに要する時間が、だいたい2カ月となりますので、レーザーを照射してから2ヶ月をかけて、徐々に効果が現れてきます。繰り返して照射する場合は、同様の理由で2ヶ月の間隔をあけます。表面近くの色素は初回治療時に炭酸ガスレーザーで削って取り除き、深部にある色素をルビーレーザーで叩くことで、レーザー照射の回数を減らし治療の期間を短縮することもできます。
詳細はこちら
炭酸ガスレーザー・タトゥー除去・
炭酸ガスレーザー
レーザーの作用で、水分を含んだ人体の組織を、非常に精密に蒸散させることが可能です。いわゆるレーザーメスと言われるものです。これを用いて、初回治療の際に皮膚表面近くのタトゥー色素を削っておくと、深部の色素のみルビーレーザーで破壊すれば治療ができるため、治療回数や治療期間を短縮することができます。やや瘢痕(傷あと)は残りますが、すべての色素を炭酸ガスレーザーでタトゥーを除去してしまうことも可能で、この場合は、治療は一回ですみます。
詳細はこちら