Beauty二重・目元手術

紀尾井町プラザクリニックの二重・目元手術は、経験豊富な大学病院の形成外科専門医が施術を行いますので、術後の腫れや傷跡は、個人差もありますが、最小限になります。
お忙しく時間があまり取れない方(術後の腫れが気になる方)、手術後の傷や結果が不安な方でも、安心して施術をお受けいただけます。

当院の二重手術

二重埋没法
皮膚をメスで切開、切除することなく、ナイロンの糸を上まぶたに通して埋没させることにより、二重のラインを形成するプチ整形です。比較的年齢の若い方、初めて二重まぶたの美容手術を受けられる方におすすめします。仕上がりが気にいらなければ、元に戻すことができることも特徴で、手術後の腫れも少なくメイクも翌日から可能ですが、二重切開法と比較して、効果の限界もあります。まぶたの脂肪の厚ぼったい方、まぶたの皮膚のたるみの多い方には、二重切開法がおすすめです。

二重切開法
二重のラインに沿って皮膚を切開し、余分な脂肪などをとって、たるんだ皮膚も一部切除します。厚くはれぼったい目の方、皮膚のたるみがある方、埋没法よりもくっきりした二重を希望される方に適しています。はっきりとした二重のラインで目をいっそう大きく輝かせることが出来ます。

施術時間
二重埋没法:約15分
二重切開法:約30分
施術回数
当日1回で完了。
術後の経過
約1週間後に抜糸を行ないます。
目立つ腫れや内出血は1〜2週間で徐々に改善していきます。

大学病院形成外科専門医による丁寧なカウンセリング
自然で最適なラインをご提案致します。

施術実例

二重埋没体験談
28歳 OL
以前から一重でも二重でもない中途半場な目元で悩んでいました。
二重の希望はありますが、あまり大きくイメージを変えたくないという 私の要望を叶えて頂く為に、私が重要にしたのは、先生との事前のカウンセリングです。
こちらのクリニックでは、自分にぴったりのラインを見つけ出すまで先生と納得いくまで話し合う事が出来ました。十分なカウンセリングの中で私が持っていた様々な不安がなくなったのは、先生の数多くの症例や経験、目元や顔立ちまでトータルに私の「個性」を活かして頂ける高い美的センスを実感したからです。
手術は、鏡でラインを確認させて頂ながら、約10分程であっという間に終わりました。
週末を利用しての施術でしたので、周りの人にハレも気づかれる事なく週明けから勤務につきました。術後は今まで存在感のなかったまつ毛が上向きに長くなり、魅力の一つとなり、私なりの華が生まれたようで鏡を見るのが楽しい毎日です。

当院の目元手術

目頭切開法
蒙古ヒダと呼ばれる目頭の張り出た皮膚を切開、形成してあげることにより、すっきりとした目にします。蒙古ヒダにより目と目が離れて見える、目がきつい感じがする患者様に適しています。蒙古ひだを除去することにより顔の印象もエレガントで洗練されたものとなります。
二重の手術と組み合わせて行うこともあります。

目尻切開法
目が小さい。目尻からこめかみまでの間隔が長すぎると、顔が大きく見える印象をあたえてしまいます。そんなときに、目尻を数ミリ切開して切れ長で大きな目を作る施術法が目尻切開法です。目尻を切開することで細くきつかった目も優しい印象になります。

上まぶたたるみ取り
腫れぼったいまぶた、垂れ下がったまぶたをすっきりさせるのが上まぶたたるみ取りです。上まぶたのたるんで余った皮膚や、腫れぼったさの原因となっている脂肪を切除します。
上まぶたの脂肪を取り除くことにより二重のラインをはっきりさせる効果もあります。二重のラインに沿って数ミリ〜3,4センチ切開してそこから脂肪を取り除きます。キズは二重のラインに合わせるのでほとんど目立ちません。

下まぶたたるみ取り
下まぶたの余った皮膚や、たるんで前方に突出してきた脂肪を切除します。目の下のくまにも有効です。まつ毛の付け根のすぐそばを切開しますが、この部位のキズはほとんどわからないくらいきれいになります。おもての皮膚を切ることに抵抗がある患者様には、下まぶたの結膜側を切ってたるんだ脂肪だけを取る手術法もあります。余分な脂肪を切除し、飛び出た脂肪を取り除くことにより、印象ががらっと変わり、5〜10歳の若返りがえられます。

脱脂
年齢を重ねるにつれ、眼球周囲の脂肪はやわらかくなってゆるんでくるため、上まぶたの方から下まぶたの方へ重力に引かれて移動し、眼の下の部分で前に突出してきます。そうすると眼の下が膨らんだようになり、実際以上に年を取った印象を与えます。下まぶたの皮膚のたるみが軽度で、脂肪による眼の下のふくらみが目立つ方は、出っ張った脂肪のみを取ることで、目元をすっきりさせることができます。手術の方法は、下まぶたをひっくり返し(あかんべえをして)、結膜を1センチ半ほど切開して、そこから余分の脂肪を取り除きます。顔のおもての皮膚に傷が入らず、手術後のまぶたの腫れも非常に少なくてすみます。

眼瞼下垂(がんけんかすい)修正術
上まぶたは年とともに開けにくくなります。子供の頃や20代の頃には眼のパッチリしていた方でも、年齢とともに目の大きさは徐々に小さくなってくるものです。これは主に、眼瞼挙筋(がんけんきょきん)というまぶたを開く役目を持つ薄く平べったい筋肉の端が、まぶたの縁から少しずつ離れてくることによります。人は1日に何万回ものまばたきをしますし、さらにそれが何十年も続きますと、眼瞼挙筋とまぶたの縁とのつぎ目に負担がかかってはずれてきてしまうのです。この状態を、眼瞼下垂(まぶたの垂れ下がりという意)と呼びますが、こうなると、手術でこのつぎ目を止め直してあげないと、以前のような大きな目に戻りません。上まぶたの二重の線を切開して、眼瞼挙筋の端の腱膜という部分を、上まぶたの縁の軟骨に糸で固定します。手術直後から、少年・少女期や20代の頃のパッチリした目に戻ります。

施術時間
目頭目尻切開法:約30分
上まぶたたるみ取り:約1時間〜2時間
下まぶたたるみ取り:約1時間〜2時間
脱脂のみ:約1時間
眼瞼下垂修正術:約1時間〜2時間
施術回数
当日1回で完了。
術後の経過
約1週間後に抜糸を行ないます。
目立つ腫れや内出血は1〜2週間で徐々に改善していきます。

施術の流れ

カウンセリング手術前の写真撮影デザインの決定局所麻酔(注射)手術開始手術修了※1

※1 手術終了後、しばらく目を冷やすこともあります。

二重・目元手術料金

内容 料金 備考

二重埋没法(両目) 108,000円 1年保障

二重埋没法(片目) 64,800円 1年保障

二重切開法(両目) 324,000円 -

二重切開法(片目) 216,000円 -

目頭切開法 324,000円 -

上まぶたたるみ取り 378,000円 -

下まぶたたるみ取り 378,000円 -

上まぶたたるみ取り+脱脂 486,000円 -

下まぶたたるみ取り+脱脂 486,000円 -

脱脂のみ 324,000円 -

眼瞼下垂 594,000円 -

料金一覧はこちら
お問合せ
0120-850-227完全予約制
診療時間:AM12:00〜PM20:00
休診日:水曜、日曜
お問合せはお気軽にどうぞ無料相談インターネット予約

プライバシーポリシー