診療内容

ホルモン補充療法

ホルモン補充療法

担当医 松山淳
(一社)国際抗老化再生医療学会理事長
(一社)国際統合治療協会理事長

目的・症状にあわせて

ホルモンは身体のさまざまな臓器、細胞の機能を最適な状態に保つために多くの役割を果たしています。多くのホルモンは血液中を流れて、全身の臓器、細胞に行き渡り、必要な場所でその機能を果たしていきます。目的、症状にあわせてさまざまなホルモンを注射あるいは内服により、全身もしくは局所に投与補充するのがホルモン補充療法です。

若返り治療として

人は老化に伴い、成長ホルモン、男性ホルモン、女性ホルモンなどが低下してきます。このため体脂肪増加、精線機能低下などが引き起こされます。この状態をまた若いころのホルモン状態に戻そうとするのが、若返り治療としてのホルモン補充療法です。

性転換として

また男性も女性も、それぞれの性ホルモンの分泌が体の性質を決めています。男性らしさは男性ホルモン、女性らしさは女性ホルモンが大きな役割を担っているのです。男性らしさ、女性らしさをだすために男性ホルモン、女性ホルモンなどを補充するのが、性転換としてのホルモン補充療法です。

当院のホルモン補充療法

当院では血液検査後、検査結果に応じて成長ホルモン、男性ホルモン、女性ホルモンなどを注射あるいは内服により、全身もしくは局所に投与補充して、体の内側から若さを取り戻す治療、男性・女性らしさをだす治療、にきび治療、発毛・育毛治療などを行っています。

施術の流れ

  • 医師による診察とカウンセリング
  • 採血・血液検査
  • ホルモン剤投与

予想されるリスク・合併症・副作用

  • 女性ホルモン補充療法の場合、子宮癌、乳ガン等のリスクが増大する場合があります。
  • 年に一度、乳ガン、子宮癌の健診受ける事を推奨致します。
  • 定期的な血液検査が必要です。

ホルモン補充療法料金

血液検査

(※全て自由診療、税込価格です。)

内容 料金 備考
若返りホルモン検査 33,000 -
性転換ホルモン検査 66,000 -
ニキビ治療検査 33,000 -

血液検査の結果とご希望によりホルモンを処方いたします

(※全て自由診療、税込価格です。)

内容 料金 備考
ホルモン注射 11,000 使用する薬剤、症状により料金は変わります。
エストラーナテープ 0.75㎎ 550 症状に応じて1/2から同量(0.75mg)を処方
ル・エストロジェル 0.06% 16,500 -

モニター募集

紀尾井町プラザクリニックでは、症例モニターを随時募集しております。

モニターにご協力頂ける患者さまにはモニター価格で施術をお受け頂けます。

詳しくはこちら

ホルモン補充治療に用いる薬剤について

エストラーナテープ0.75mg

リスク・副作用

一次刺激性接触皮膚炎 ,紅斑 、皮膚そう痒 、不正出血 、消退出血 、 乳房緊満感 、浮腫 、かぶれ 、皮膚水疱 、皮膚色素沈着

未承認医薬品等であることの明示

本治療に用いる未承認医薬品等は、美容目的での使用については医薬品医療機器等法上の承認を得ていないものです。

入手経路等の明示

国内販売代理店経由で入手しています。

国内の承認医薬品等の有無の明示

本治療に用いる「エストラーナテープ」は更年期障害、骨粗鬆症などの治療薬として厚生労働省に承認されています。美容目的での使用については保険適応外の自由診療となります。

諸外国における安全性等に係る情報の明示

諸外国において、卵胞ホルモン剤と黄体ホルモン剤を長期併用した女性では、乳癌になる危険性が対照群の女性と比較して高くなり、その危険性は併用期間が長期になるに従って高くなるとの報告があります。

ル・エストエロジェル0.06mg

リスク・副作用

アレルギー、下肢の疼痛・浮腫、胸痛、突然の息切れ

未承認医薬品等であることの明示

本治療に用いる未承認医薬品等は、美容目的での使用については医薬品医療機器等法上の承認を得ていないものです。

入手経路等の明示

国内販売代理店経由で入手しています。

国内の承認医薬品等の有無の明示

本治療に用いる「ル・エストエロジェル0.06mg」は更年期障害及び卵巣欠落症状に伴う血管運動神経症状などの治療薬として厚生労働省に承認されています。美容目的での使用については保険適応外の自由診療となります。

諸外国における安全性等に係る情報の明示

諸外国において、卵胞ホルモン剤と黄体ホルモン剤を長期併用した女性では、乳癌になる危険性が対照群の女性と比較して高くなり、その危険性は併用期間が長期になるに従って高くなるとの報告があります。


トップに
戻る