診療内容

フェイスリフト

フェイスリフト

フェイスリフトとは、頬から首にかけた「たるみ」の治療です。

手術は耳の周りを切開して耳下腺の表面にあるSMASという膜や首からつながる広頸筋を引き上げます。余った皮膚は切除して縫合します。

当院で行っている方法はSMAS法です。SMAS法は、10年以上の長期間有効な方法です

こめかみリフト

毛髪のある側頭部を階段状に切って皮膚を引っ張って固定する手術です。鼻唇溝や、頬から下眼瞼にかけてのたるみ(中顔面のたるみ)などが改善されます。

頬リフト

耳の上から耳の前、さらに耳たぶの下を通って耳の後ろを切開し、皮膚と皮膚の下にあるSMASと呼ばれる膜様組織の両方を引き上げます。しわやたるみの部分を2重に引っ張ることで、高い効果が期待できます。頬のたるみ、顎から耳にかけてのラインや口の横のホウレイじわに効果があります。頬のリフトだけでは鼻のすぐ両側のたるみはあまり改善されません(この改善には、こめかみリフトを行う必要があります)。

ネックリフト(あご・首のたるみ・首の深いシワ)

ネックリフトは、耳の後ろ側付近の余分な皮膚を取り除き、皮膚と皮膚の中のたるんだ筋膜を引き上げることで、首やあごの縦ジワ・たるみを改善するリフトアップ施術です。

ネックリフトの施術は髪の毛の中や生え際を切開するため、髪の毛でカバーすることができ、傷跡は分かりません(一部耳の前まで切開する場合があります)。

当院のフェイスリフト

局所麻酔により、患者様への負担の少ない術式で手術をいたします。もちろんその日のうちに帰宅し、シャワーを浴びることも可能です。

大学病院専門医-担当医の所見

形成外科専門医:尾崎 峰

当院で行うフェイスリフトの施術は「SMAS法」と言い、皮膚ではなく皮下脂肪の下にある表情性筋膜(SMAS)と呼ばれる筋膜組織を引き上げてリフトアップする施術方法です。SMAS法は、10年以上の長期間で有効な方法です。この施術方法は医師の技術が必要で、リフトさせる方向が重要となっています。

他の施術と組み合わせ(シルエットリフト(糸))によりさらに効果が期待できます。

尾崎 峰

尾崎 峰
杏林大学形成外科専門医

施術の流れ

  • メイク落とし・洗顔
  • 医師による診察とカウンセリング
  • デザイン(手術台に横になって、皮膚切開のデザイン)
  • 局所麻酔の注射
  • 皮膚切開・皮下剥離
  • SMAS・固定(SMAS・皮膚を引っ張って糸で固定)
  • 皮膚を縫合圧迫
  • 包帯を装備

施術時間

患者様のご希望や手術の内容に応じて、1時間~3時間です。

施術回数

一度手術をお受けになれば、少なくとも数年間は若返った状態が続きます。また、手術で若返った状態から、年齢を重ねることによって再び加齢変化は進んでゆきますが、手術で若返った年齢分だけ、長期間実年齢より若くいられます。

術後の経過

洗顔や洗髪は手術の翌日から可能です。手術での切開部付近は多少腫れますが、通常のリフト手術に比べると、腫れの程度は大変少ないです。術後2日~3日間圧迫固定が必要です。3日目外来にて圧迫除去、1週間後を目安に抜糸を行ないます。個人差はありますがこの頃にはかなり腫れは引いています。会社等でのお仕事も、仕事内容によっては2~3日後から可能です。傷あとは、やはり個人差もありますが、通常1~3ヶ月で赤みがおさまり、6ヶ月~1年でほとんど目立たなくなります。

紀尾井町プラザクリニックでは経験豊富な大学病院の形成外科専門医が、術後の腫れや傷跡が(個人差があります)最小限になるよう施術を行います。お忙しく時間があまり取れない方(術後の腫れが気になる方)、手術後の傷や結果が不安な方でも、安心して施術をお受けいただけます。

フェイスリフト料金

(※全て自由診療、税込価格です。)

内容 料金 備考
こめかみリフト 770,000 -
頬リフト 770,000 -
ネックリフト 770,000 -
こめかみ・頬(2部位) 1,100,000 -

静脈麻酔代 110,000円

血液検査代  8,800円

モニター募集

紀尾井町プラザクリニックでは、症例モニターを随時募集しております。

モニターにご協力頂ける患者さまにはモニター価格で施術をお受け頂けます。

詳しくはこちら


トップに
戻る